暑い夏に冬の日 

夏の暑い日は、寒い冬の日を考えてみます。

雪が降ると空気がきれいになります。

空気中のちりを付着して落ちるからです。

 

 

北欧オスロから帰ってきて、自分の中にある北方の血が感じられました。

 

今は、緑が一杯で季節を謳歌している木々の緑も、やがて、すっかり地に落ちて

木々は枝だけになります。

そして、また次の春に芽を吹きます。

ただそれだけのことですが、なぜかいとおしい気分になります。

 

この、大きな循環が大事なんだなと、最近つくづく思います。

手紙を書くことがなくなりましたね。

今は、Eメール、、ラインなどで文を書くことが増えましたはが、

推敲した文章を書くことが減りましたね。

 

いい知らせ、というのはいつ来るのか

悪い知らせというのもありますね。

とにかく、生きるというのは

大変なことですね。

このポストには小さな旗がついて

いますね。

かわいいですね。

おすすめの記事