春の花

2020年4月26日(日)午後6時 今週のベニシアさんは、これまで12年間を振り返りながら、これからのことを考えるという内容の放送が予定されています。その題が

「雨の中でも踊るのが人生」

Life isn't about waiting for the storm to pass.

It's about learning how to dance in the rain.

ヴィヴィアン グリーンさん、(アメリカのシンガーソングライター)

「ハピネスは自分で作る」

ベニシアさん

予告編をみると、すっかり白髪になったのも堂々と、燃えるような赤い髪から、そのシルバーになった髪は美しく、透明で、そのまなざしは深く、まさしく賢者の様子そのものでした。

毎週見てきて、再放送も何度も見ましたが、いつでも何か生きるヒントをもらっていたような気がします。

ほんの数カ月前までは考えもしなかったことが、現実に進行をしているのを見ていると、この世の中はかくも脆弱にできているのかと考えさせられます。

ある話し合い2020

自分でできることは限られていますが、今しなければならないことは、事実を明らかにすることではないでしょうか。実態がわからないものと戦うのは、まったくもって無意味です。検査をたくさんして、実際はどうなのかを見てみなくてはいいけません。

隠して、体裁を繕っても余計に長引かせ、犠牲者を増やすばかりです。

自分に与えられた試練を受け止め、前向きに生きる。

はじめは、嘆き悲しむかもしれないけれど、自分を丸ごと受け止め、少しづつ前に進む、そういう生き方をしなければなりません。

投げやりになり、自分を誰かと比べ卑下したり、自分を無価値だと思ったりすることもあるでしょう。そこで、誰かに励ましてもらった、あの人の言葉が力をつけてくれたいう話もあります。

今でしたら、必要な物資の供給ということも助けになるでしょう。

しかし、

人の心をいやすのは、言葉によらないものであることが多いのです。

イタリヤの病院の屋上でバイオリンを奏でた日本人がいました。音は、空気を伝わり、そこの人々の心を震わせました。この音楽に言葉は含まれませんが、多くの人の支えになるのです。

雨の日には、濡れながら踊るということでしょうか。

打ちひしがれて座り込むのではなく。

とにかく放送が楽しみです。

おすすめの記事