たましいと母国語・人生には月のように満ち欠けがある。

ベニシアさんのデビューが決まりましたね。最近は、歌を頑張っているらしいです。ぜひ、CDを買いたいですね。きっと元気になれるでしょう。

今日2020年2月2日の、猫のしっぽカエルの手は、2018年の再放送、ベニシアさんの病気の告白の回でした。もう何回も見ているのにまた新しい発見がありました。このころはまだ、自分でバスに乗って奈良まで出かけることができていました。

進行性の病気、視力の衰えと記憶障害、一番厳しい内容です。

どうしてこうなったのか、疑問、怒りから、受け入れるところまでの心の動きは、ハラハラするほど純粋で美しいものでした。

また、モンベルの会長のやさしさとさりげないフォロー、絶妙の距離感が心地よかったですね。

エッセイの中で、「人生には、満ち欠けがある、いいときも悪いときもやってきて、それが普通で自然の進行に従うものである。」という話がありました。しかし、明日にはどんなことが起こるのかだれにもわからない、人生は保証されないということはわかっていてもきついですね。

「人生は、記憶の積み重ねだ。」

「記憶をなくしたら、何者になるのだろう。」

自分がゆっくりと失われていく感覚は、この間のNHKスペシャルの、認知症の第一人者が認知症になった番組の医師が赤裸々に語っていました。皆さんもぜひ見てください。

番組の最後で奈良の野焼きを見ていた、ベニシアさんの目から、涙が溢れました。

そして、母国語が出てきました。もちろん英語です。

人生に訪れた不幸に、いろいろ折り合いをつけて、受け入れよう、理解しようと気を張っていた心の下で魂が、

「なんでも覚えていたいよ」「いいことも悪いことも全部自分のものだよ」とつぶやいたのでしょう。

野焼きは、古いものを焼き払い、新しい息吹を待つという行事、きっと、魂の上で苦しんでいる心もリフレッシュされることでしょう。

明日は明日の風が吹く

きっと、そうやってみんな生きているのでしょうね。今日は、生き方がアートでした。

おすすめの記事