ムンクだけではない、ハンマー スホイもいる 油絵制作Bの③ 

 数年前、日本で公開され凄い話題になりましたね

ハンマースホイデンマークの画家、画風からすると、絶対フェルメールが好きだったでしょう。

家が裕福で、8歳からレッスンを受けていたようです。

室内と後ろ向きの人、女性はだいたい黒い服を着ていて、静寂と寂寥感、わびさびを愛する日本人は夢中になるのもわかりますね。

手紙を読んでいたり、編み物をしていたりしますが顔は見えません。

ただの白い扉の絵があり、その部屋には、窓から光がさしていたりします。

また、フェルメール好きには、その、構成のしっかりさ加減がフイットするでしょうね。

その、精密さの技量から、アカデミックな教育を受けたのはわかりますが、なぜか、分離派運動を提唱したとありました。はてな、ですね。

クリムトやシーレのような世紀末感は感じられません。ただ、白と黒のモノトーンの寂しさが彼の世紀末感かもしれません。爛熟とは逆方向の力が働いたのでしょう。

目を合わせない人物、誰もいない部屋、真っ白いドアの部屋、

いい絵は静寂を呼びますが、絵のテーマそのものが静寂をよぶ、

心がきれいになるかもしれませんね。

今調べたらなんと、日本での回顧展は2008年でした。なんと、もう10年前、時は矢のように過ぎていきますね。東京で見た時は何をしていたのでしょうね。昨日のことのように思えることが10年前だったなんてね。

 

さて、F130Bの3回目

顔を少しいじりましたが、今、スホイを見たばかりなので、顔をあまりはっきりさせないで、見る人に想像してもらうことにしました。

中世っぽく硬直して表情のはっきりしないのがいいのか、鼻筋と目くちという最小限のパーツだけで済ますのか難しいところですね。人物画を見るとき一番先に見るのは顔ですね。

しかし、群像の場合は、サラッと描いて、全体の構成の一つというように考えていった方がいいですね。

あまり、しっかり描きすぎると、生命感が失われていきますね。

電信柱を太くしました。遠近法的に描きましたが。消失点ははっきりしません。

表現主義だからそれでいいのです。

人物は、後ろ向きの人をどっかに入れるつもりですが、まだ、どこに入れるのかははっきりしません。

冬景色なので、初めに白を盛っておきます。そして、乾いたらおつゆ描きで上からモーブやブルーを塗っていく予定です。

鼻筋には。黄色とオレンジ、

オレンジは、強い色ですが、なにか顔に使うと、肌に血が通い始めるような気がします。いつも使ってます。

中央の男性は、また、少し前進を始めたようです。

いったい彼は、どこに行こうとしているのか?

おわり

おすすめの記事