土曜日9時からNHKFM、世界の快適音楽セレクション

 土曜日は、必ず絵筆を握る日と決めています。

そうしないといつの間にか絵から遠ざかるからです。

一週間に一度は絵筆を握らないと、芸術エンジンが停止してしまいます。

運動選手と同じように、1日休むと取り返すのに3日かかる、そのような感じです。

とにかく、続けることが大事ですが、人間は怠けやすい性質を持っているので、

惰性に流され、なにも進歩がないことになるのです。

 

それでもいいや、というようにならないようにしたいです。

その動機付け、というべき番組が

このNHKFMの世界の快適音楽セレクションです。

ゴンチチという、ギターデュオがMCのノンジャンル音楽番組です。

 

このお二人は大阪の出身です。

私は、どっちかというと大阪人の気質が苦手で、避けていたのですが。

この番組で、ようやくその呪縛から抜け、大阪にも共感できる人たちがいるという

ことがわかりました。

 

この番組を聞きながら、1時間55分、絵を描きます。

至福の時です。

 

さて、東京オリンピックまでもうすぐ。

はやく中止を決断してほしいです。

デルタ株により世界中でまた、感染者が増えています。

オリンピックという培養皿で、どんでもない変種が生成、それを世界中に拡散

また、世界が闇に閉ざされる危険があります。

天皇陛下もそうだと拝察いたします。

さて、大作の方は、もう2年越しになるので、さすがに画面が厚くなってきて

鈍くだれてきました。

絵具は塗りたてが、しゃぶしゃぶして美しいものです。

厚く塗ったところと、ほとんど1回しか触れてない場所が有ることで、画面の深みが増します。

 

全体的に厚いのではあまりよくありません。

セザンヌやムンクの絵を見るとわかります。

 

完成と未完

瞬間と永遠

水平と垂直

などのはざまで美は生まれるようです。

 

 

 

おすすめの記事