北海道地方停電です。キャンプのように、家族の肖像

 

久しぶりに強い台風がきました。

北海道に到着するまえにだいたいの台風は、弱まり熱低低気圧になります。

このように、勢力を保ったまま来ることは珍しいです。

強風が吹き荒れ、大木も軒並み倒れました。

電線にひっかっかり、大規模停電がおこりました。

不思議なことに、道路一本向こうは、電気が来ていて通常運転。

道路一本こっちは、非常事態。

まず、冷蔵庫の中のもの問題、

 

2~3時間で復旧するかと思っていたら、仕事から帰ってきてもまだ復旧していません。

水道とガスは使えるので、ご飯を炊いてレトルトカレーでも食べようと考えました。

しかし、鍋でご飯を炊く自信がなくて、スパゲッティにしました。

ずいぶん昔に買ったランタンを出しました。

 

暗くなってきて、久しぶりに家族でテレビも見ないで、不思議なだんらんになりました。

家族といっても、一緒にいる時間は結局そんなに長い年月にはなりません。

 

他人の夫婦という関係の方がずーっと一緒にいることになりますね。

夫婦という関係が、長持ちすればの話ですが。

 

家族は需要だが、付き合いは意外と短い

 

さて、これは、1月からの展覧会に出す「家族」という、最近やってるテーマの絵です。

冬に、外に立って、春を待つという至極単純な構図ですが、

これが、結構奥が深い。

簡単に言えば、人物の大きさです。

人物が小さい場合は、雪の草原が広がり、その、寒さと広大な空間になります。

しかし、小さい人物は、インパクトによわく。

全体的に弱い印象をうけます。

 

人物を大きくすると、迫力は出ますが、地平線がグーッと前進してくるので、うしろの空間が狭くなる。

簡単に言えば、地面少々に、後は空になってしまうということになるのです。

 

こう考えると、どっちがいいんですかね。

両方か描きたいですね。

実に興味深いです。

人物が大きいパタンですね。後ろの空間は道路のようにグーッと上にあげています。

遠くに街が見えるようにします。

筆のタッチは、細かくしたものをだんだん統合していきます。

ホワイトは、そのままでは白くなります。当たり前ですが、だから

茶色やモーブ、ブルーを混ぜたタッチをうくります。

注意すべきは、パレット上で混ぜないということです。

「色が濁ります」

表現主義的な絵の場合、色の濁りは注意しなければなりません。

色も、補色関係を使うので、一様な色調は考えていません。

これは、カメラの方で強調していますが、レッドとグリーンの補色を意識しています。

これだけだと、画面がギラギラします。

それで、無彩色のブラックとホワイトの分量を増やして、中和するわけです。

 

 

おすすめの記事