人物画を描く モジリアニと瞳のない絵

 

右の肩がわずかに上がっています。やはり、あまり水平にするのは良くないようですね。後ろの空間の

パーマネントグリーンライトは、とてもすきな色です。それに、こういうはっきりした色は、

また、マゼンタ,モーヴも最近使ってます。

紫っぽい色は、何かドキドキしますね。

表現主義的な絵には

ピッタリですね。

 

表現主義に実存主義はぴったり合うものですね。

表現主義だからなんでも好きなように描けばいいんだというのも、正しいですが、やはり、実存というところから出発しないと

薄っぺらくなってしまうので注意が必要ですね。

個性個性といっているうちに、みんな似てきたということがよくありますね。

 

色そのものが、単純にエネルギーを持っているということでしょう。

正面に突き出てる足は、長さが出ないので苦戦するところです。こっちに向かって飛び出してくる、

例えばこっちにものを

突き出す、指さすなどは、距離感が出せないので苦労するのです。

絵は2次元空間ということが、はっきりと理解しないとダメなところですね。

 

膝のお皿はきちんと描いた方がよいようです。

座っている椅子に掛けてある布は白が無難です。強烈な色の接着剤になるからです。また、後から色が入るというのもいいですね。

床の面は、床をイメージできる線をいれないと、浮かび上がってしまいます。

顔は苦労したところです。僅かに右に傾けて描いています。ド真正面になると動きが止まります。

さて、モデルさんにどの程度似せて描くのがいいのでしょう。

肖像画の場合と違って、人体にフォーカスが向く場合、あまりに美人さんに描いてしまうと、少し違和感が湧きますね。

ほどほどがいいでしょうね。鼻から、右左で色を寒色系と暖色系に分けると奥行きが出ます。あまりやり過ぎると、

フォーブからはなれ

キューブになっちゃいます。

首は長めに、モジリアニのようにします。

アメデオ・モジリアニ(1884~1920)イタリアの伊達男、イタリア人らしく、彫刻もよい。

妻は、繊細で内気な、ジャンヌ。ジャンヌも画家を志していた。何点かの絵は、モジリアニの肖像もあります。

ジャンヌの絵も、なかなかのできで、見る人の心を揺さぶる力を持っていますね。

 

二人のラブストーリーと、画家としての暮らしぶりは、もう伝説です。

モジリアニは、生前に個展は一回のみ。

 

肖像画と裸婦が大半で、人間に対する興味が強かったということでしょう。生きてるうちに認められたらよかったですね。

結核と飲酒などで体が弱り、35歳で没、後を追ったジャンヌの純愛も、悲しむべき逸話として知られていますね。

さて、モジリアニの人物の顔の瞳は、描き込まれていない作品が多く、存在感のないただのいろ、空虚感のある目になっているのが

何故か、心を動かすのが面白いですね。

 

なにか、目を抜かれたような、何も見てないようで見ている。その、存在感が不思議です。

よく、目力が強いと弱いとか言いますが、これは、なんの強さなのでしょうね。

 

pickup
おすすめの記事