ベニシアさん、お元気ですか?猫のしっぽカエルの手・選
沖縄行きたいですね。

2019年6月16日の猫のしっぽ カエルの手は、「南国の味~沖縄~」でした。

2018年3月、進行性の視力障害と記憶障害をテレビで告白、その時は、山岳用品のモンベルの会長が聞き役となって、あらましが説明されました。モンベルの会長が、僕のことを忘れちゃったの?と思ったところから始まりました。

1年後の、
2019年の3月3日の回が、字が書けなくなってきた、絵も描けない、では「歌いましょう」とカーペンターの歌を至っていました。どこまでも、前向きな姿勢に共感を得ました。しかし、歩くのもハラハラするような様子でした。

自分のライフワークのハーブ園、庭作りにも支障をきたし、ハーブの名前が出てこない。それならば、名札をつけましょうと、ハーブ仲間と一緒に一生懸命名札を付けたこともありました。

そして、ご家族の皆さまのサポートを受けてらっしゃるのでしょう。

2019年のシリーズは、なかなか放送されません。ベニシアさんの病状が心配ではありますが、知るすでもなく、ただ、時々思い出しては、空を見上げるということでしょうか。

わたしも、沖縄が好きで5回ほど行きました。子どもがまだ小さい時でした。一番、感動したのは石垣島まで行った時でした。クラブメッド石垣に泊まりました。クラブメッドは3食食べ放題なので、楽ちんでした。

よく、夢のようなとか楽園とか言いますが、その、グリーンの海と突き抜ける青空には確かに、そう思わせるものもありました。

さて、今日のベニシアさんですが、昔の話ですから、若く生き生きとしていました。誰しも、年を取るわけですが、不思議と目の輝きは変わらないものです。少年や少女の気持ちを持っている限り、その眼から放たれるある種の、「眼力」といわれるものは変わらないものです。

何を見て、何を感じるか

歳をとるとともに、時間の経過が速く感じられるのは、簡単に言えば「感動がなくなる」からでしょう。毎日同じことの繰り返しで、心臓がどきどきするような、胃の下がすうっとするような感覚はないからでしょう。

さて、絵の方もひと段落して、次の絵に取り掛かりました。今度のは、9月に東京に出す絵です。群像ですが、今の社会状況やニュースを見るにつけ、人間というものはどういう仕組みで人生を歩むのか。

なにか、大きな車輪につけられて、メリーゴーランドのように、「連れられていく」、「運命に引きずられていく」「人間の夢や希望、善の心は無意味なのか」じつに、生きるってことは大変ですね。

何か、丸いベンチ見たいものに座っている群像を描き始めました。

おすすめの記事