2020年11月28日(土)午後3時からの「猫のしっぽカエルの手」・京都大原手作りのくらしでは、冬を前にまき割をする正さん、孫のくれあちゃんとの交流が描かれました。

しかし、正さんは全く老けませんね、だんだん若くなっていくようです。ガンガン薪を割る姿と、ベニシアさんとのコントラストが、印象的でした。

 

これから来る厳しい冬に備えること、次の世代につなげていくことを象徴的に表現しているようでした。

自身の病気について隠さず、困難を持ちながら、それに戦うことはせずに、自分にできることをしていく。あくまでも、自然にいだかれて、自然に生きるという。

年齢からくる、視力の衰えかと思っていたら、記憶の領域への影響。進行性の病気の告知、しだいに、迫ってくるアイデンティティーへの心配。日常の寝起きの環境整備など。

その嵐の中、等身大の手作りの暮らしの大切さを、身をもって伝えてくれることには、本当に感動しました。

NHKのスタッフの気遣いも素晴らしいし、メッセージを忘れない筋の通った構成もいいと思います。

 

しらすのオリーブ丼がおいしそうですね。シンプルなものが一番おいしいのかもしれません。友人との小旅行、友人との再会など振り返る中で、その大切さを感じ取っているようでした。

北海道のガーデンの紹介は、とても懐かしく見ることができました。

アートと人生というテーマについて考えると、判断基準を、美しいかそうでないか、にするといいのですが。美しさの基準が人それぞれなので難しいですね。

また、欲にまみれ、カジノだの万博などに固執する美しくない人たちもいます。また、地球の環境汚染の問題を考えずに、汚染水を海に投げようとするとんでもない人達もいます。お金欲しさに、故郷を売るような行為をする人たちもいます。

しかし、これだけはだれしもが納得する言葉があります。

「自然は、美しい」

「地球は素晴らしいガーデンで、そのガーデナーはそのことをいつも意識しなければならないということでしょう。

ということです、私たち生命をはぐくんだ大本、私たちの存在を支えているもの、これを美しく感じない人は、いないのではないでしょうか。

「自然に生きるとは、不自然なことをしないのではなく。純粋に瞬間と永遠を感じ取る感性そのものです。」

この感性を持ち続けたい。それが、「アートと人生です」

 

 

おすすめの記事