私がモンベル(登山用品会社)の会長の存在を知ったのは、 NHKのEテレ、猫のしっぽカエルの手に出演した時です。 モンベルの製品は、北海道人なら、厳しい冬なのでアンダーウエアに目を付けます。 その高性能さを知っています。 私も、スキーに行くときは、モンベルのアンダーシャツ、タイツをはいていきます。 薄くて、肌触りがよく、超暖かい。 ユニクロもいいですが、厳寒地やスキーに行くならモンベルです。 さて、そのモンベルの会長は有名な登山家、   ベニシアさんは、自身の進行性の病気がわかったときに、 その視聴者への告知をモンベルの会長との対談でしたのです。   視聴者は、何の前ぶりもなく、その回の話は、 ただ友人宅に訪れたベニシアさんという認識でした。   しかし、内容は重く厳しいものでした。 会長は、 「ベニシア、この前、大阪で会ったときに僕のことわからないようだったね。少しあせったよ。」 そのあと、 「実は、私病気になってしまったの。」 と視聴者に知らせてきたのです。   この事実をしっかり受け止めてくれるのは、厳しい旅を続けてきた人生経験豊かな会長しかいない。 ということだったのでしょう。 進行性であること、視力と記憶が衰えていくこと、 会長は、シンプルに人生に起きたことをしっかりと受け止めていこう。 静かに同意、そして、あきらめない姿勢を明らかにしました。 現実を認め、そして、よりよく生きていくヒントをもらうという放送内容でした。   コロナ問題は広がりを見せています。 いつも、微笑みを忘れずに生きていこうという目標が難しそうです。   TVを見ていたら、モンベルの会長が、ミシンを使って、 何やら作っていました。必死な顔で。 それは、防護服を作っていたのです。 医療従事者の大変さを聞いた、会長が話を聞きに行き、 即作り始めたということでした。   自分でできることを、黙ってしよう。 困っている人を助けよう。   もともと、登山者を危機から救うために立ち上げた会社。 今は、危機、 危機にいる人を守る用品を提供する。実に、信念と理にかなっています。 こういう人がリーダーだったら、多くの命を救えたのにな。と思う次第です。 あの人は、なにも死ぬ必要はなかった。ちゃんとしていれば。   受け止める力は、その人が身に着けてきた経験と、正しい生き方にあります。   果たして、自分には受け止める力を持つだけの、正しい生き方をしてきたのか、考えさせられます。 人の考えていることは、そのままでは伝える力になりません。その人の行動を通して、伝えることになるのです。 正しくない行動をする人が多くて困ります。   北海道は、せっかくの春なのに、 外出規制が続いています。学校も休校中です。   本当だった、このさわやかな空の下、運動会が行われ、 供たちの歓声が響いていたはずです。 いま、自分でできる正しいことを、いていかなければ、なりません。
おすすめの記事